アトラス・スタディ・アンド・ツアーズは、国際学会、視察ツアー、海外看護研修、語学研修、海外医療施設視察、大学間姉妹提携など、さまざまな場面をサポートします。


在宅医療看護訪問看護ボランティア「ADVAL」アンナ・マンチーニ代表   

LinkIcon「ADVAL」について

『誰も知らない北イタリアの小さなホスピス』の著者、金沢美大の横川善正教授が、これからの医療福祉社会の理想像を求めて、美と創造の国イタリ アの ユニークなホスピスにご案内いたします。「死はスイートなものよ」。イタリアで、末期がん患者のための訪問看護ヴォランティア組織を立ち上げた女性・アンナの言葉に衝撃を受けた横川教授は、彼女を支え、取り巻く人々と、その夢の実現―ホスピス建設に向けての歳月に寄り添いました。イタリアと日本という、国と風土の違いを超えて伝わってくる「看取り」の心とは? 美大教師の手になるユニークなホスピスを紹介します.。

在宅医療看護       金沢美術工芸大学教授 横川善正氏                

LinkIcon横川教授について


モデル日程表はこちら  LinkIconHospice in Italy 2019.pdf

横川 善正教授 経歴

横川善正(よこ がわ よしまさ)
金沢美術工芸大学名誉教授
専門分野:  英国文芸・デザイン論 
近年はホスピスにおけるアートの果たす役割りについて調査、発表
<経 歴>
昭和24年(1949) 金沢市出身
昭和49年(1974) 金沢大学大学院文学研究科修士課程英米文学専攻修了  
金沢医科大学教養部助手
昭和52年(1977) 金沢美術工芸大学一般教育講師
昭和53年(1978) 文部省長期在外研究員として英国エディンバラ大学研修 
平成 7年(1995) 金沢美術工芸大学 教授(英語、デザイン論、英国文芸史)
現在        金沢美術 工芸大学名誉教授   
C.R. マッキントッシュ・ソサエ ティ会員(グラスゴー本部)
アート・ミーツ・ケア学会理事
* 金沢市立病院との連携事業「ホスピタリティアート・プロジェクト」監修
* 済生会金沢病院の「サイセイカイ・ナデシコ・アートプロジェクト」(SNAP)の監修

<著 書>
平成26年(2016)  「ホスピスからの贈り物 - イタリア発、アートとケアの物語」ちくま新書                                         
平成22年(2010) 『ホスピスが美術館になる日-ケアの時代とアートの未来』ミネルヴァ書

*23年度、泉鏡花記念金沢市民文学賞受賞

平成17年(2005) 『誰も知らないイタリアの小さなホスピス』岩波書店
平成13年(2001) 『スコットランド、石と水の国』岩波書店
平成10年(1998) 『ティー ルームの誕生、<美覚のデザイ ナーたち>』平凡社                    
平成6年(1994) 『マッキントッシュ、建築家として芸術家として』(訳)鹿島出版会
平成3年(1991) 『マッ キントッシュ、インテリア・アーティスト―芸術空間としての家具 』
                                        (訳)芳賀書店

国際看護学会ツアー国際学会 視察

Atlas Tours