USA
9/11-9/20
2024

アメリカ学生看護研修10日間

日本とアメリカの医療に対する意識は本当に違う。日本では、医業については医師に任せる、と考えることがありますが、アメリカでは、医療を受ける個人が納得のいく治療方針を自分で決めていきます。医師から今後の方針の提案も、自分が納得するまで説明を受けます。入院期間は非常に短く平均2日くらいです。この国家間の違いはほんの一例。
この研修ではこのような大きな違いを、現地で働く日本人看護師を招いたり、現地看護大学に赴き講師に話を伺ったり、シミュレーションセンターを視察したり、総合病院などを訪ねたり、現地看護学生と交流を持つなどし、触れていきます。
 

TRAINING SYSTEM

研修の特徴

・参加者に合わせたEnglish lesson

参加者のレベルに合わせ、コミュニケーション方式のEnglish lessonを行います。ホームステイや視察時に効果的です。

 

・豊富なプログラム内容

総合病院視察、クリニック視察、現地看護大学シミュレーションセンター視察、現地看護大学教授のセミナー、現地看護大学生との交流、日本人看護師のセミナー、現地ナースプラクティショナーのセミナー、現地高齢者施設視察、など豊富なラインナップ。

・やさしいホストファミリー

現地スタッフの管理のもと、やさしいホストファミリーが迎え入れてくれます。
8泊10日。帰宅し温かな夕ご飯を囲み、家族と一緒に今日あった出来事を英語で話す。異国での『生活』こそが最大の異文化体験です。
 

・アメリカを体感

ダウンタウンでアメリカを体感。スターバックス第1号店やウォーターフロント、フェリーに乗って離島へ出掛けるなど充実した休日も過ごせます。

・安心のバックアップ体制

引率教員の有無は問いません。
緊急時のバックアップ体制完備。
万が一の時でも安心してお任せください。 
専任スタッフがチームで皆様をバックアップします。 
*この研修は大学様との契約となります。

ZOOM説明会開催!
 4月17日(水)12時回、17時回

 

問合せ・説明会申し込みはこちら

img_6076.jpg img_6075.jpg img20230804122944900916.jpg img20230804123005876094.jpg img20230804123030241339.jpg 5r3a3174.jpg img20230804123130592777.jpg img20230804123205410231.jpg

参加者からの声


総合病院の視察が印象的で、多床室ではなく個室だったり、家族が泊まることを想定していたり、シャワーやトイレが病室についていること、ナースステーションが幾つもあるところ等、日本と病院のつくりが大きく異なっていて、実際に目で見ないと想像できないと感じました。


現地大学看護学部のSimulation Center視察が有意義でした。大学内での実習はやったことがあるため、自分の大学と比べやすく、医師の診察室の様子や、モデルの機能が興味深かった。モデルや擬似の皮膚などを管理する専門の方がいることに驚いた。


Englishlessonがとても楽しかったです!医療英語の勉強を始めようとしていたところだったので、モチベーションが高まりました。


Englishlessonでゲームや活発なコミュニケーションを通じて、医療英語などを学べてとても楽しかったです。また、プレゼン前には添削もしていただき、心強かったです。


小児・高齢者・精神看護と様々な領域についてのセミナーを受けられて、非常に面白かったです。丁寧な説明でわかりやすく、質問に対しての答えも明確でとても面白かった。


ホストファミリーと本当に楽しい時間を過ごすことができました。朝のランチ作りからディナーまでとても楽しく食事などの時間を共有することが出来ました。


ホームステイを通じて、『旅行』じゃ味わうことができない『生活』をアメリカで体験することができて、本当に参加してよかったです。一生モノの思い出ができました!


ホストファミリーには、私の拙い英語をいつもちゃんと聞いて下さり、生活も私の生活スタイルを尊重して下さり、とても良くしてもらいました。安心して暮らせました。