img20221020141803920467.jpg finland2_20221020141803881.jpg img20191031112727325487.jpg finland3_20221020141803881.jpg img20191031112727386838.jpg 18072612283041186.9..jpg
 
 
詳しくはこちら ➡  日程表

2023年
フィンランド

Dialogical Summer Meeting

 

フィンランドの小さな国際学会
パラダイムを超えて繋がる開かれた対話

 

<実施日> 

*2023年 6月8日(木)~10日(土)

Keynote Speaker:  Harlene Andersson Ph.D. ハーリーン・アンダーソン博士
人気のスピーカー、コンサルタント、トレーナーです。彼女は自分のツール (洞察力、強い関心、魅力的な会話スタイル、リーダーシップスキル) を使用して、個人、家族、組織を支援し、刺激して、明確さ、集中力、新たなエネルギー、そしてしばしば驚くべき結果を達成できるようにします。ハーリーンは、ポストモダン指向の共同対話実践の開発における革新者として国際的に認められており、教育、コミュニティ、研究、治療、および相談業務において、彼女の実践哲学を実践しています。彼女の著書には、Conversations、Language and Possibilities、coedited Appreciative Organizations、Collaborative Therapy: Relationships and Conversations that Make a Difference、および Innovations in the Reflecting Process などがあります。さらに、Taos Institute、Houston Galveston Institute、および Access Success International の共同創設者であり、理事会メンバーでもあります。彼女は International Journal of Collaborative Practices を設立し、International Certificate in Collaborative Practices を共同設立しました。また、家族療法の理論と実践への顕著な貢献に対して2008年アメリカ家族療法アカデミー賞を受賞し、2000年に結婚・家族療法への顕著な貢献に対して、アメリカ結婚・家族療法協会賞を受賞し、1997年には既に、結婚・家族療法協会の生涯賞を受賞しました。

Keynote Speaker: Jaakko Seikkula ヤーコ・セイックラ博士
フィンランドのユヴァスキュラ大学の心理療法の名誉教授であり、臨床、研究、教育において 40年以上の経験があります。1981年から1998年まで、彼はフィンランドのケロプダス病院の主任心理学者であり、オープンダイアローグのアプローチの創設メンバーです。彼はヨーロッパ、アジア、アメリカで講師およびトレーナーを務めており、メンタルヘルスにおけるオープンダイアログアプローチの原則、実践、およびエビデンスと対話的実践に関する190以上の本と記事が出版されています。氏はまた、ヨーロッパ家族協会 (EFTA)およびアメリカ家族療法 アカデミック (AFTA)での研究経歴に対して賞を受賞しました。

 
 

対話の可能性を私たちはどう感じるか
やさしいフィンランドの精神医療に学ぶ